胴付長靴の選び方

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

◎胴付長靴とは、

合羽ズボンと長靴をジョイントした脇の下までの長靴。

完全防水生地で接合部分からも水が入らない。

身ごろの合羽部分の素材と長靴に種類があり、

使用目的によって必要とされる胴付長靴が違ってくる。

◎身ごろ合羽部分の素材による違い

○ゴム製~丈夫で長持ち、手入れも比較的楽で

修理もしっかり出来る。

欠点は、重い・高価。

なにより出荷量が少なく手に入りずらい。

 

○防水・透湿素材~軽い・釣具店など扱い店が多く購入しやすい。

価格帯も広く求めやすい。

欠点は、防水性に不安がある。

油など汚れ作業には不向き。

手入れは、大変だし、

修理も難しい。

釣り等、レジャー用と考えて購入するべき。

 

○ウレタン生地~まだ試作品しか見たことがなく

結構、高価格になるらしい。

安価に出来てくることに期待したい。

 

○ネオプレン(ウェットスーツの生地)~冷えを通しにい。

氷水の魚槽に入っての作業。

冬季の磯場作業、冷たい水の中でセリの栽培・収穫の作業に最適。

欠点は、高価である。

修理が難しく、修理箇所も見つけにくい。

 

○塩ビ~作業用に一般的である。手入れも比較的簡単

種類・メーカー・製造国によって品質にバラつきがあり

価格帯も開きが大きい。

 

◎接続されている長靴の種類

○フェルト底付長靴~つり・渓流用で苔の生えている場所で滑りにくい。

○安全長靴~あまり見かけないが安全対策に良い。

○ゴム長靴~ゴム長は値段が 安い→壊れやすい

高価→丈夫 の傾向がハッキリしている。

高価な長靴は修理も十分可能!

○耐油長靴~もっとも一般的で万能タイプ

油に強く 滑りにくく 折り切れも起きず丈夫。

長靴の修理が出来ないので長靴に穴が開くと

胴付長靴の役目が出来なくなる。

 

◎出回っている胴付長靴

○ウレタン生地~殆んど出回っていないと思われる。

耐油長靴との接続が上手くいかず試作段階。

接続方法が上手くいき値段が下がれば、軽いし

手入れも楽だし、胴付長靴の主流になれる。

○ゴム胴付長靴~あまり出回っては、いないが

アサリや貝などを採る漁師さんが信頼を寄せている。

○ネオプレン~冷えを通さない。寒さ対策用の胴付長靴。

生地厚があるので少々の傷でも水が入らない。

しかも水が入ってきても浮くので心強い。

ただし接続長靴選びには注意が」必要!

耐油長靴とゴム長靴の2タイプがあるが

甲板や魚槽に入る等、耐油性があれば滑らず踏ん張りが効く。

油や魚油の場所にゴム長靴では、滑って危険。

養魚場・釣り等 苔対策にフェルト底を張ることも。

○塩ビ+耐油長靴

もっとも一般的な胴付長靴で

色々なメーカー・種類があるが、作業用には、

「国産」が大きな決め手になる。

少々の事ですぐに壊れて水が浸入し、作業中断、予定が狂う・・・

浮かばないのでかなり危険!(救命胴衣の併用をお奨め)

やはり国産は、安心して使えますしお奨めできます。

 

◎塩ビ+耐油長靴~このタイプが一番需要が多く、種類も豊富なので少し詳しく。

生地は、片面生地と両面生地の2種類に分けられそれぞれに特徴がある。

○片面生地の胴付長靴

水産合羽の生地で作られていることが多い。

両面生地より薄手の物が多く軽く出来ている。

裏布がついているので汗をかいてもくっ付きにくく動きやすい。

脱いだり、着たりが楽に出来る。

弱点は裏布に汗が付いて乾きにくく、

手入れが悪いと黒カビが発生し、洗ってもきれいにならない。

○両面生地の胴付長靴

両面生地とは、片面生地の裏布にもコーティングを施し

両面がつるつるしている生地

汗で片面生地よりくっつき易く若干動きにくい。

両面生地にくっつきにくいトレパンを穿く等の工夫が必要。

両面胴付長靴は、片面胴付長靴に比べて厚地の生地になっており、

スレ、刺しに強く よりプロ仕様のものが多い。

手入れも さっと拭けて簡単だ。

○耐油長靴が付いている~特に漁師さんには必須

耐油長靴が付いてなくて困ること~滑る・壊れやすい。

耐油長靴が付いてて困ること~殆んどない。

修理はかなり難しいが、耐油長靴自体が丈夫でなので

合羽部分より先に壊れることは少ない。

 

◎胴付長靴購入を考えの方へ、

耐油長靴の付いていない胴付長靴は、漁船には不向き。

暑い時期にネオプレ胴付長靴では汗で大変だし、

手入れを怠ると臭いも・・・・

膝を突いての作業なのに膝当てが付いていない・・・

細身に出来ていて重ね着をすると動きにくい・・・

作業の 時期:内容:魚油の有無等によって選ぶべき胴付長靴が変わります。

迷っている・どんな種類、商品があるか分からない方ご相談下さい。

お役に立てれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です